<【離婚・・・その後2】>

昨日も、22時ごろ娘と一緒に寝ってしまいました...。(T_T)

どうも布団の中に入っちゃうとダメですね ^^;

息子なんですが、昨日もまだ熱が下がらずに、ほっぺを赤くしてました。
冷えピタを貼っている姿って、余計つらそうにみえるのは私だけでしょうか?

もちろん、保育園はお休みです。
ただ、昨日は保育園で「おひなまつり会」があったそうで、それに出れなくてかわいそうでした{{(>_<)}}
せっかく楽しみにしていたのにね... (;>_<;)


離婚後、子供たちが、病気になるといつも思うことがあります...。


その前に宜しければ、応援クリックをお願いできますか?

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

あなたのその優しさに感謝です!揺れるハート
励みになります!ありがとうございますね!
それは、『母親』の存在!!

私が小さい頃、病気にかかると母親がやさしくしてくれて、それはなんとも心地よく、安心できる存在でした。

やっぱり、『母親』というのは子供にとっては特別な存在だと思うんですよね...。
悔しいですけど...(;>_<;)
父親がいくらがんばっても母親にはなれない...。

我が家には、その肝心な『母親』がいません...。


一昨日から『みずぼそう』で熱を出ている息子が、夜中に突然寝言を言ったり、泣き出したりするんですよね...。(T-T)

本人は寝ているんですけど、きっとすごくつらいんでしょうね (;>_<;)
私の前では、「大丈夫!」って言ってたんですけどね...。

まだ5歳なのに・・・、ほんとつらい思いをさせてゴメンネ・・・。
息子は、母親が家を出て行くのをただ見ていました...。
ついて行こうともせずに・・・。
...母親に2度も捨てられた息子...。

昨日は息子の隣で、ただただ声を殺して泣くだけでした...。


父親である私でさえも、子供を想う気持ちは誰にも負けません!!

「子供はいらない」って、出て行った元妻...、
自分がお腹を痛めて生んだのに・・・、何も感じないのでしょうかね?
自分さえよければいいのかな?

世の中の女性(特に既婚で子供がいらっしゃる方)は、好きな人ができたら
子どもを犠牲にしても、その方と一緒になりたいものなのでしょうかね?

私には、理解できません・・・。

最後は、グチになってしまいましたね "r(^_^;)。ごめんなさい...。

せっかくのひなまつり。
今日は、ケーキを買ってみんなでお祝いです\(*⌒○⌒*)/

posted by しろろ33 at 09:40 | Comment(16) | TrackBack(0) | 離婚
この記事へのコメント
初めまして、こんにちは。
ブログランキングから飛んできました

私にも離婚経験があります。
長男がお腹にいる時でした。
元旦那は女癖も悪く、仕事も真面目でなく、また私の妊娠に対して非協力的でした。
『旦那を養うくらいなら、一人で子供育てた方がいいや。』と思ったのが離婚の理由です。

私も子供を置いてまで、他の男についていく女の人の神経がまったく判りません。
どうせ、そういう人は何をやってもうまくいかないと思ってます。
自分の子供を愛せない=自分しか愛せない人ですから。

今は、子供さんに対して「可哀想。」と思う事も多いかと思います。
私も「父親」と言う存在が息子にとってどれくらい大事かって事を何度も何度も考えさせられました。

そして、子供を何よりも優先的に考えてくれる人と再婚出来ました。

今は、子供が大笑いしながら
「お父さん、お父さん。」と喜ぶ姿を見て、あの時の私の選択は間違ってなかったと思っています。

いつかやってくる幸せの為に、子供さんと一緒に頑張って下さい。
で、おせっかいですが、
アフェリエイトの中には沢山の詐欺が行われています。
子供さんの為にも慎重に慎重に取り組んで下さいネ。
(私も騙された経験があるので(つД`))
Posted by べにぃ at 2006年03月03日 10:03
<べにぃさん>
こんにちは!はじめまして!(*^-^*)
コメントありがとうございました。

何度も読み返してしまいました・・・。
温かいお言葉・・・、心に響きました(嬉涙)。ありがとうございます。
べにぃさんもたくさんご苦労されてきたんだなぁって思いました...。
だから再婚されて幸せに暮らされていらっしゃるという事で、私もなんだか嬉しく心豊かな気持ちになれました。
おめでとうございました \(*⌒○⌒*)/
息子さんも喜んでいらっしゃるので、ほんと良かったですね (*^-^*)

再婚された方は、離婚しなければ出会えなかった人なんですよね?そうゆう意味では、離婚はマイナスイメージが強いですが、全然そんなことないですよね!

私も子供たちを愛してくれる、そんな方と出会えたらいいなぁって思っちゃいましたσ(^_^;)
もちろん、子供だけじゃなく 私にも・・・ (⌒▽⌒)ゞ

アフィリエイトの件、そうなんですか?
貴重なアドバイスありがとうございました。m(_ _)m
全然、おせっかいじゃないですよ!
そうですよね! 十分注意して、行動するようにします p(^-^)q
Posted by しろろ at 2006年03月03日 16:23
しろろさん、こんばんわ。。。

私は、酒癖の悪い暴力夫から子供を守るため(いや、自己防衛もあったのかも・・・)、
まだ1歳になったばかりの紫苑を連れ、半ば逃げるようにして別居を初めました。
そして、昨年の暮れに離婚成立した訳です。
当時は精神的にも、本当にボロボロでした。
毎日毎日、夫に怯えながら、顔色を見ながら、なんとかやり過ごしていたものの、
紫苑を抱きしめるたびに、涙が止まらず、
もうどうしていいのか分からなくなっていました。
そんな時、母親が
「両親揃っていても、喧嘩や暴力の耐えない家庭に育つよりかは、
片親でも穏やかな毎日を過ごせた方が紫苑にとってもいいんじゃないかな・・・」
とポツリと言いました。



Posted by みりあむ at 2006年03月03日 22:52
すみません、、、つづきです。。。

しろろさん家の子供さん達も、
子供のことを置き去りにできるような母親に育てられるよりかは、
優しくて暖かい父親と一緒にいる方が、幸せになれるんじゃないかな。。。
って、そう強く思ってしまいました。

私にとって紫苑は自分の分身みたいなものです(*´∇`*)
何をするにもどこへ行くにも、一緒が幸せ♪な今を送っています。
こんな風に颯爽とした気持ちで紫苑に接することが出来ただけでも、
離婚してよかったのかも、、、って思えます。

これから先、私もしろろさんのように、
父親の存在の大きさに気付かされる時が来るのかも知れません。。。
今は、まだまだ父親ってどんなものかも分からない紫苑ですが・・・。

ただ、今は紫苑という存在が私に勇気や元気をいっぱい分けてくれる。
だから、片親ながら踏ん張れるような気がします(*'ー'*)

しろろさんは、母親以上に子供さん達に
愛情をいっぱいかけてあげているように思います。
子供さん達は、そんなパパが大好きなんじゃないかな。。。

〜ごめんなさい、、、長々と。。。なんだか途中で勢いのあまりに送信してしまってて・・・(;´▽`A``
支離滅裂な文になってるかも、、、ですo_ _)o))
Posted by みりあむ at 2006年03月03日 23:05
こんばんは!応援に来ました。お子さんはしろろさんの愛情を一杯に受け、すくすくと素直な子に育っていくのではないのかなあ、と漠然と思いました。私は結婚も子供も経験がないのでよくわかりませんが・・・私は応援しています!応援ポチ。
Posted by 時給1400円男のネット起業実況中継@TAKA at 2006年03月04日 04:39
しろろさん。ももこです。

遊びに来たよ。♪

水疱瘡も、子供の胸のうちを

垣間見てしまったことも

いろいろと大変だったんですね。

>やっぱり、『母親』というのは子供にと>っては特別な存在だと思うんですよ
>ね...。
>悔しいですけど...(;>_<;)
>父親がいくらがんばっても母親にはなれ>ない...。

母親じゃなきゃいけないことなんて

絶対にありませんよ。大丈夫。

母親でないと・・・そう感じることがこれからも多々あるかもしれません。

でも、子供たちは日々成長しています。


子供は小さいながらにもちゃんとわかっています。

本当に自分を愛している人が誰なのか。

しろろさん。大丈夫だよ。

しろろさんの愛情の深さは

子供たちにいっぱい伝わってるよ。

私も父親がいないことで

子供たちに肩身のせまい思いを

させているな、と思うと

一日何度も凹みますが、

その何百倍も子供のことが

大好きで大事に思う自分の気持ちが

私をそのたびに元気つけてくれるのです。

「私は大丈夫。」

「だから子供も大丈夫。」

しろろさんももちろん大丈夫!

・・・あまり励ましにならなかった?

ごめんね。文章力なくって・・・。

>世の中の女性(特に既婚で子供がいらっ>しゃる方)は、好きな人ができたら
>子どもを犠牲にしても、その方と一緒に>なりたいものなのでしょうかね?

>私には、理解できません・・・。

私にも全く理解できません。

このこともいろいろ書きたかったのですが、・・・しかし・・・

・・・コメント長くなりましたね。

失礼しました。

また遊びにきます。ぽちっ!ぽちっ!

Posted by さかなくち ももこ at 2006年03月04日 10:20
またまたすみません。

しろろさんの入っている

ブログランキング、

私も参考になりそうなので

シングルマザーのカテゴリで

登録しようと思っています。

お互いにプライベートも含めて

頑張りましょうね。

ありがとう。!!

Posted by さかなくち ももこ at 2006年03月04日 10:24
<みりあむさん>
こんにちは!いつも遊びにきていただきありがとうございます♪

そして、いっぱいの温かいコメントありがとうございました (*^-^*)

全然、長くなっても構いません。嬉しい限りです ミ☆

いま、自分の気持ちをうまく言葉に表現できないことに、もどかしさを感じてしまいます {{(>_<)}}
なんか今こう...、こころが高鳴るというか、感無量っていう気持ちなんです!!
ありがとうございました\(*^o^*)/

みりあむさんご自身のことも教えていただきありがとうございました。

私はいつも情景を思い浮かべてしまうんですが、みりあむさんがどれだけつらい日々を紫苑ちゃんと過ごされてきたんだろう?って思ったら、涙がぽろりと出てしまいました...。

いっぱいいっぱいがんばりましたね!立派でしたよ p(^-^)q

コメントを読ませていただいて、いま紫苑ちゃんと幸せに暮らせていらっしゃるのでちょっと安心しました。

ただ、毎日を過ごしていくと、不安になる事、凹む事ってたくさんありますよね ^^;;

そんなときは、やっぱり子供が元気を分けてくれますよね!
不思議と「ばんばらなくっちゃ!」って思えるようになるんですから、すごいですよね ^^

ほかにもいっぱいみりあむさんを見守ってくれている方はいます。それがお母さんだったり、お友達だったら...。

こんな私もそのひとりです!(応援させてくださいね) ヾ(^o^)

私も子供たちから元気や勇気をいっぱいもらってます。

子供は、最高ですよね!!

私から子供たちに、たいしたことはしてあげれませんが、愛情だけはおなかいっぱいにさせてあげたいと思ってます。

みんなで、ぜったい絶対!幸せになりましょうね!!

だって、まだまだ人生はこれからなんですから・・・。っネ (*^o^)人(^o^*)
ありがとうございました!


<TAKAさん>
こんにちは!ほんといつもコメント&応援ありがとうございます!
子供たちには、そんなたいしたことはしてあげられていないですよ
σ(^_^;

やはりイライラしていると、ちょっとしたことで怒っちゃったりしてますからね...。
そのあと、ものすごーく反省しているんですけどね...。(x_;)


<ももこさん>
あっ!ももこさん、こんにちは!ご訪問ありがとうございます (*^-^*)

ももこさん、あったかい いえ 熱いコメントありがとうございました!
すっごくこころに響きました \(*^o^*)/

いっぱいの勇気、元気をいただいて、もう感謝 感謝です♪
背中をポンって後押しされたって感じです ミ☆

そうですよね!子供を想う気持ちが強ければつよいほど、何をするにもがんばれまするものね!

それに、子供たちからもいっぱいパワーをもらえますしね p(^-^)q

また、いろんな事を聞かせてくださいね!

いつでもお待ちしてますし、私も遊びにいきますね ヽ(*∩_∩*)ノ
Posted by しろろ at 2006年03月04日 14:50
しろろさん、おはようございます!
まずは応援ポチッ!
水疱瘡の具合はどうですか? 
外に出られるまでもう少しですね、
ゆうくん、ガンバレ!

さて、昨日も来てたのですが、
うまく言葉にできなくてコメント残せなかったです。みなさんのコメント、ホントに熱くてジーンと来ますね…!
私の場合ですが、母が亡くなり父に育てられたんです。成長の過程でいろいろ思うことはありました。「なんで私がこんな目に!」「ああ、母がいたら」と思ったことありました。父とぶつかったこともありましたよ。
でも、大きくなるにつれ、父の偉大さ、言葉にできない父の愛情、どんなに苦労したかなどが次第にわかってくるんですよ。子どもの頃も父の愛情、それなりにわかってたつもりでしたが、自分に子どもができて父の立場と置き換えると「私はまだまだ甘い」と思います。
しろろさんもお子さんが成長していく過程でいろいろあるかもしれないけれど、
大丈夫! 愛情は時間はかかっても、絶対に子どもに伝わります!

また私の話で恐縮ですが、
今となっては、片親で育ったことがいい糧になっていると思っています。
もちろん、両親揃っているというのは素晴らしいこと。でも片親だったからこそ、
人の心の痛みに少しは敏感になれたと思ってるんです。…ってエラそーですね(^^;;
しろろさんも、お子さんたちも、
逆境を乗り越えるパワーを持っていますよ。
大丈夫! 大丈夫!

長くなってしまいました、スミマセン!
また遊びに来ますね!
Posted by kerozo at 2006年03月05日 06:36
<kerozoさん>
こんにちは!いつも遊びに来ていただいてありがとうございます!!
ほんと、みなさんのコメントのおかげで、どれだけ元気になったことか、もう言葉にできません...。
有難いことですね (*^-^*)

kerozoさん、そうだったんですか...。
過去のことを話していただきありがとうございました(*^-^*)
大変、勉強になります。
うちの子供たちも、成長の過程でいろいろと悩み、苦労するんだろうなーって思います。
私にどれだけフォローしてあげれるのか?
これからの課題ですが、私も子供たちには、人の痛みがわかる人間に育ってもらいたいと願ってます。
そして、幸せになってもらいたい・・・。
ただそれだけです...。

また、いつでも遊びに来て下さいね ヾ(^o^)
Posted by しろろ at 2006年03月05日 13:15
こんばんわ(o^∇^o)ノ遊びに来ました♪
まずは応援ポチポチっとヾ(〃^∇^)

紫苑を寝かしつけてたら、、、案の定、、、先に深い眠りに(;´▽`A``
まだ宵の口に起き上がれて、一安心のママです(*´∇`*)

いつも暖かいコメント&応援ありがとうございます(〃^∇^)o
しろろさんに優しい気持ちをいっぱい分けてもらえている気がします(≧∇≦)b
いろんな事がトラウマとなって、男性恐怖症を払拭できずにいたので、、、
ようやく今、心から、友達っていいなぁって思えます.。゚+.(゚ー゚)。+.゚

ブログ始めてホント良かったなぁ〜♪ヾ(*~∀~*)ゞ

頑張って更新しなきゃf(´−`;)なんですが。。。
蝸牛の如く、なかなか前に進まないのも現実でして、、、~(=^‥^A
ま、焦らずボチボチ歩いて行きますわぁ♪(* ̄  ̄)b

では、また来ますね~~~ヾ(*'▽'*)o マタネー♪
Posted by みりあむ at 2006年03月05日 23:22
いつもお世話になっております。私のブログに訪問&コメントありがとうございます。実は私、この度楽天からシーサーにブログを移設する事にしました。お手数で申し訳ないのですが、リンクの変更をお願い致します。よろしくお願いします!
Posted by 時給1400円男のネット起業実況中継@TAKA at 2006年03月06日 00:13
はじめまして。「お父さんブログ研究所」というブログをやっていますチッカーと申します。

子育てに頑張るお父さんのブログを紹介することで情報交換、情報共有できればと思っています。その中にお父さんブログリスト(http://otosanblog.blog31.fc2.com/blog-category-4.html)
というのがあり、リンクをさせていただいております。

もし、不都合がありましたら、お手数ですが、下記にコメントしていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

http://otosanblog.blog31.fc2.com/blog-entry-20.html
Posted by チッカー at 2006年03月06日 15:00
<みりあむさん>
こんにちは!こちらこそ、いつもコメント&応援ありがとうございます!!
私の方こそ、みりあむさんからいっぱい暖かい気持ちや勇気をいただいてばかりで感謝でいっぱいです (*^-^*)

世の中、みりあむさんのような心優しい方もいらっしゃるというのに...、
人生ってこんなもんのなのでしょうかね?
いえ、これからですよね!みんなで幸せをつかみましょうね
\(*⌒○⌒*)/

私もなかなかブログを更新できないでいます...(≧◇≦)!!

楽しんで育児もブログもやっていければと思ってます♪
一緒にがんばっていきましょうネ p(^-^)q

<TAKAさん>
こんにちは!いつもご訪問ありがとうございます!!
了解しました!リンク先を変更しておきますね(=^o^=)
同じシーサーですね!
これからもよろしくです!!

<チッカーさん>
こんにちは!はじめして!!
ご連絡、わざわざありがとうございます!!
リンクの件、有難うございましたm(_ _)m
全然、問題ないです!!私の方も早速相互リンクに追加させていただきますね!!
これからも宜しくお願い致します(*^-^*)
Posted by しろろ at 2006年03月07日 10:43
こんにちは、しろろさん
パパっ子? 28歳です。もう子と言う歳ではないかもしれませんが・・・・
家は、父が子煩悩だったので風邪を引いたときに一生懸命看病してくれたのは父親と言う感じの記憶しかありません。
病気=看病=母親とは違うと思います。
病気=看病=心配してくれる人だと思いますよ。
父は日中普通に仕事をしていたので帰ってくるの夕方、でも帰ってきて一番最初に会いに来てくれてましてね。そして話しかけてきてくれる言葉が優しかった・・・(今も元気に健在です。)なぜか父が帰ってくると泣いちゃうんですよね。
で、自分の具合の悪さを伝える。
だから、しろろさんも愛情たっぷりで接していれば大丈夫。
Posted by ruby at 2006年03月07日 13:59
<rubyさん>
こちらにも、コメントをして頂けたんですね!
ありがとうございます!!
そうですか、rubyさんのお父さんはすごくrubyさんのことを可愛がっていたのですね!!
そして、その愛情がしっかりrubyさんに伝わっているんですね!!
うんうん、すごく勉強になりました(*^-^*)
私も、これでもかっていうくらい いっぱいの愛情を子供たちに注いであげたいと思います\(*⌒○⌒*)/
やはり経験されてきたことを聞くとすごく勉強になりますね。
貴重な経験談を聞かせていただき、ありがとうございましたm(_ _)m
Posted by しろろ at 2006年03月08日 07:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。